BaySky eBLOG

  : 

<私的備忘録> 気に入ったこと、気に懸かること、気に障ること を随意に・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

HTML文の掲載 (その2) 

fc2blogcustomize_176x62 #008

先日、ブログにHTML文そのものを掲載するときの工夫について記事を掲載しました。

今回は、目的は同じですが、別方式を紹介しておきます。

要領は次ぎとおりです。
  • ブログに掲載したいHTML文を、普段どおりに書きます。
  • そのHTML文の前後に、 <textarea>~</textarea>タグ を記述します。
前回方式のように Latain-1コード を記述する必要はありません。


◆ 入力原稿は次のように記述し、保存します。
<textarea cols="50" rows="8" readonly>
<div id="left-top">
<h2><%topentry_title></h2>
</div>
</textarea>


◆ 閲覧画面は、次のように窓が開いて、その中にHTML文が表示されます。




<textarea>タグ は、本来はインターネットの画面上に入力エリア(窓)を設定するタグの一種です。
上記方式ではこれを流用しています。
今回は窓の中の表示内容を書き換えられては困るので、 <textarea>タグ の中に readonly (読取専用)の指定を入れてあります。
cols="数値" は窓の横寸法、 rows="数値" は窓のタテ寸法の設定です。

最後に、大事な注意事項があります。:  FC2BLOGの場合、入力画面の下のほうにある「設定」で、「テキストフォーマット」の選択ボタンで「HTMLタグのみ」を選択しておくことが肝心です。 ただし、その結果として画面上で改行が自動的には行われなくなります。画面上で改行が必要な箇所には、面倒でも、入力原稿に <br> (改行指定)を明示的に挿入しておくことが必要になります。
ただし、 <textarea>~</textarea>タグ で挟んだHTML文には <br>タグの付加は不要(付けては駄目)です。

今回紹介した方式を採るか、それとも前回紹介した方式を採るかは、そのときの状況と個人の好み次第です。どちらが良いとは一概には言い切れません。

スポンサーサイト
タグ: blog  カスタマイズ  customize  html 
weblog  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://baysky.blog1.fc2.com/tb.php/618-d872fd01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。