BaySky eBLOG

  : 

<私的備忘録> 気に入ったこと、気に懸かること、気に障ること を随意に・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

枠内シュート 

link to THE OFFICIAL SITE FOR THE 2006 FIFA WORLD CUP GERMANY守りだけでは勝てない、引き分けに持ち込むのすら容易でない。

やっぱり、攻めないとサッカーが面白くない、楽しくない。

今朝現在、勝利あるいは引分けのチームが延べ20チームある。
この延べ20チームの「シュート数」および「枠内シュート数」を FIFA 公式マッチレポートから集計してみた。シュート合計259本、そのうち枠内シュート125本となった。1チーム1試合平均すると、シュート約13本、枠内シュート約9本となる。

link to THE OFFICIAL SITE for JFA Japan Football Association先日の対オーストラリア戦の日本チームはシュート6本、枠内シュート2本だった。単純に比較して、如何にも少ない。どんなに巧みなパス回しをしても、最後にシュートをして、枠内シュートの精度を高めなければ、ゴールゲットはあり得ない。

因みに、4年前の 2002 FIFA World Cup Korea/Japan での日本チームの1試合平均を計算してみると、シュート約9本、枠内シュート約4本だった。

日本チームの皆さん、貪欲にシュートを打ってください。数打ちゃ当る。何本かはゴールに決まるでしょう。

追い詰められたからには、神頼みも含めて、最後まであきらめずに、勝利にしがみつくことです。


4年前の記録(FIFA Match Report)に興味がある人は・・・

日本チームは、この4年間、何をしてきたのか?!?!?!

スポンサーサイト
sports  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://baysky.blog1.fc2.com/tb.php/488-2a2a3cb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。