BaySky eBLOG

  : 

<私的備忘録> 気に入ったこと、気に懸かること、気に障ること を随意に・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

堀江社長に抗議 

堀江貴文ライブドア社長殿

ライブドアは、日本のインターネット界に大いなる影響力を持った企業体です。それ故にこそ、私はインターネット文化論の次元で、今回のlivedoorの行動(脚注1)に強く抗議します。

聡明且つ頑固な堀江社長の身辺には、「非」を強く諌める側近がいないのか。それとも、堀江社長が聞く耳を持たないのか。今や、栄光と物欲に酔いしれて、ダイエー中内功や西武堤義明の轍を踏みつつあるやに見受けます。

さて、インターネットとリンクとは表裏一体。インターネットが世界規模で社会の重要インフラのひとつに定着したのは、「リンク」が自由闊達に機能したことに由来しています。HP「日本最初のホームページ」に掲載されている◆日本で最初にホームページを発信した人:KEK森田洋平博士や◆世界最初のWWW開発者:W3Cティム・バーナーズリー博士の言葉に謙虚に耳を傾けてみてください。

ライブドアはインターネットの供給者のひとつであり、旗手のひとりです。そのライブドアが、livedoorBlogのサイトリニューアル過程で、この「リンク機能」に「規制」を嵌めようとしている。インターネット発展史上、ライブドアに左様な権限は付与されてはいません。リンクを如何に利用するか否かは利用者側の自己責任です。

今回のライブドアの行動は、ご都合主義の自己保全、過度のお節介、成金者の傲慢、あるいは何かの勘違いに端を発した軽挙妄動のいずれかです。インターネットの発展に棹をさす重大な妨害行為です。インターネットの発展史に汚点を残すことになります。

潔く、「全面撤回」を早期に決断されるよう要請します。

以上

(脚注1)
livedoor Blogで他サイトへのリンクをクリックすると、次の内容の警告・確認ページが強制表示される。
livedoor Blogから外のページにアクセスします。
これより先はlivedoor Blogおよびlivedoorとは関係のないページです。
リンク先URLを十分確認した上でクリックしてください。
http://newmtzzzzz.xxxxxxx.jp/ (リンク先URL)
元のページに戻る


スポンサーサイト
無分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://baysky.blog1.fc2.com/tb.php/190-fc358954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。