BaySky eBLOG

  : 

<私的備忘録> 気に入ったこと、気に懸かること、気に障ること を随意に・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

WindowsDefender 

使用中のノートパソコンで、マルウェアー(不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコード)侵入の疑いありとの警告が出たので、WindowsDefenderでフルスキャンした。 約1時間半かかって66万項目(ファイル)検査の結果、TROJAN(トロイの木馬)が数個検出され、駆除した。

windowsdefender

以下は
マイクロソフト社の解説を全文引用したものです。
引用元:マイクロソフト社

Windows Defender を使用する理由

Windows Defender を使用すると、ウイルスのようなマルウェア (悪意のあるソフトウェア)、スパイウェアなどの望ましくないソフトウェアから PC を保護できます。マルウェアは、知らない間に PC に感染する可能性があります。マルウエアは、メール メッセージから、インターネットに接続するとき、または USB フラッシュ ドライブ、CD、DVD、その他のリムーバブル メディアを使用して特定のアプリをインストールするときにインストールされる可能性があります。マルウェアによっては、インストールされたときだけでなく、予期しないときに実行されるようにプログラミングされているものもあります。

Windows Defender は、Windows に付属しており、次の 2 つの方法で、マルウェアが PC に感染するのを防ぎます。

● リアルタイム保護の提供。マルウェアが PC にインストールされそうになったり、実行されそうになったりすると、Windows Defender によって通知されます。また、アプリが重要な設定を変更しようとしたときにも、通知されます。

● 常時スキャンのオプションの提供。Windows Defender を使って、PC にインストールされている可能性のあるマルウェアをスキャンしたり、スキャンを定期的に実行するようにスケジュールしたり、スキャン中に検出されたソフトウェアを自動的に削除 (または一時的に検疫) したりできます。

Windows Defender を使用する場合は、"定義" を常に最新の状態にしておくことが重要です。定義は、潜在的なソフトウェアの脅威の百科事典のようなファイルで、その内容は増え続けています。Windows Defender は定義を使用してマルウェアを検出し、潜在的なリスクをユーザーに通知します。定義を最新の状態に維持するために、Windows Defender は Windows Update と連携して、新しくリリースされた定義を自動的にインストールします。スキャンを実行する前に、更新された定義をオンラインでチェックするよう Windows Defender を設定することもできます。
スポンサーサイト
無分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

埋め込みタイムライン (Twitter) 

「埋め込みタイムライン」は簡単にTwitterのタイムラインを自分のサイトに表示できるツールです。タイムラインはリアルタイムで更新され、タイムライン上から直接、返信、リツイート、お気に入りに登録することができます。twitter.comのウィジェット設定から簡単に作成可能です。

参照:
 ⇒https://dev.twitter.com/ja/docs/embedded-timelines
 ⇒http://blog.jp.twitter.com/2012/09/blog-post.html
無分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。